◇館内の景観写真集◇

●水香る・・・・・ 水香園。奥多摩の山と多摩川と広い庭園、そして温泉があるだけに、絶好の清遊地です。駅から近い至便さも魅力の一つでしょう。
奥多摩には非常にたくさん素晴らしい場所があり、ここ水香園のある千代ヶ淵 付近もその一つです。
新鮮な川魚で一献かたむけるのも、また乙なモノです。とりわけ、渓流の響きを破って啼く川鹿の声と夏の河原の闇を飛ぶ蛍(ほたる)の風情は、ロマンの極みです。
『大広間』『離れ』で温泉と懐石料理の御昼食セットの日帰り温泉入浴が出来ます。




檜・杉の木立の中に梅・桜・ツツジ・山吹・山百合など
四季折々の美を飾った3000余坪の庭園に点々として大小の客室
短歌、俳句あるいは創作など文芸同好の方の集まりや茶道の野立てなど、
 

◇各々の写真をクリックしますと各ページをご覧になれます。












チョット寄ってニャ-

←↑ここの写真は
当園の先代と今の女将が撮りました。

水 香 園 情 報 コ ー ナ ー


 水香園・奥多摩周辺情報 


奥多摩が熱い、これが奥多摩の郷土芸能です。

 奥多摩町には民俗芸能が多いことで知られていますが、
それはこのまちの風土が豊かであることの証明だといえるでしょう。
青梅大祭  毎年5月2日、3日に行なわれる青梅大祭
  
 JR青梅線青梅駅周辺の12町(本町、住江町、西分町、勝沼町、仲町、滝ノ上町、天ヶ瀬町、大柳町、上町、森下町、裏宿町、日向和田)が集まって行う関東でも屈指の規模を誇るお祭りです。
 街道を埋めつくす多数の露店、山車がすれ違うときに行われる「競り合い」、青梅ならではの威勢のいいケンカ囃子は、青梅大祭特有の盛り上がりを見せ、町内はお祭り一色になります。
 日時と内容 5月2日(水)
 各町内の山車が巡行。(巡行時間は町により異なります。)
 露天は駐車場などの一部の場所のみ出店。
(※交通規制はありません。)
5月3日(木・祝)
 9時から19時30分頃まで、すべての町内を山車が巡行します。
 また、山車が次々にすれ違う競演も行われます。(別表参照)
 JR青梅駅前の旧青梅街道を埋め尽くすように露天が出店します。
 9時から21時まで勝沼信号~日向和田3丁目信号間で交通規制となります
交 通 JR青梅線青梅駅下車すぐ
駐車場マップはこちら。旧青梅街道沿いの駐車場は、お祭りで使用されます。とても混雑しますので、公共交通機関の御利用をおすすめします。
お問合せ 青梅大祭本部 080-3176-4189  
山車の競演解説
午後4時10分頃~ 都バス営業所のある森下「熊野神社」西方にて、西六町(日向和田、裏宿町、森下町、滝ノ上町、天ヶ瀬町、大柳町)の山車が次々にすれ違う様子は壮観。賑やかで見飽きない競い合いの連続です。
午後5時15分頃~ 青梅駅前の交差点に本町、住江町、西分町、勝沼町の4台の山車が集結。様々な形で競い合いが行われるこの競演シーンは、青梅のお祭りきっての見どころになっています。
午後6時00分頃~ 青梅市民会館前にて、森下町、上町、仲町の山車が大柳町を下る滝ノ上町、天ヶ瀬町、大柳町を順に見送ります。その後、本町と住江町の山車がそこに合流。青梅大祭の華やかなクライマックスです。

川井の獅子舞  5月5日 八雲神社の祭礼
八雲神社獅子舞
 

 川井の獅子舞は、鎮守、八雲神社の祭礼日、5月5日(もとは9月15日)鎮守の神庭で行われます。
 舞は文挾流角助派といわれ、唄方3人、笛方8人、舞方3人、囃子方(太刀使い)2人、花笠6人で構成されています。
 八雲神社は江戸時代、牛頭天王社と呼ばれていましたが、これは応永年間の災変(応永26年、関東地方は洪水、大風、地震等の災厄が重なり大飢饉になった)にあたり、この悪霊よけのため、当時霊顕あらたかといわれた尾張国津島の
牛頭天王の分霊を勧請して鎮守神として祭られたことによります。そしてその際、このささら獅子舞が創始されたと伝えられていますが、確かなことは不明です。
 この獅子舞も、廃絶寸前になりましたが、享和3年(1803年)社殿を再建した際、名主中村庄蔵氏が氏子とはかって再興し、現在に伝えたといわれています。



リンク集 (画像をクリックしてください)
奥多摩観光協会
温泉、レジャー、グルメ、宿泊施設案内等。 ... イベントカレンダー(奥多摩観光協会) 名人・達人観光ガイドの会. 山と季節の最新情報 ...
御岳登山鉄道
  御岳山周辺のイベント等を紹介
武蔵御嶽神社は、境内全域が文化財に指定されるなど、
永い歴史が刻まれ、山頂の厳しい自然環境の中で、
その維持に心を砕いております。
青梅市観光協会
塩船観音寺、吉野梅郷、御岳山、御岳渓谷、岩蔵温泉源泉等の観光案内。
社団法人大多摩施設協会
この協会は、戦後当時の吉野村・三田村(現在の東京都青梅市梅郷・沢井地区)の村長・有識者及び、 小説家吉川英治先生・日本画家川合玉堂先生などが種々協議した結果、旧東京都西多摩郡地域の行政組織を会員とし、設立されたものである。なお、大多摩の命名は吉川英治先生である。

Oume City tourism
↑ English Information

  宿泊・お食事のご予約、ご質問等は 
電話にて受け賜りますの宜しくお願い致します。

お 知 ら せ
 ※当園でのお支払いにカードでの決済が出来る様になりました。

御食事の御予約は2日前までにお願いいたします。
ご宿泊キャンセル
につきましては、お電話にて当園5営業日前まで
にご連絡下さい。
E-Mailでのご予約、ご質問等は受け付けておりませんので返信致しません。

   下記電話番号へおかけくださいます様お願いいたします。
  
電話 : 0428-85-2221



「 表紙 宿泊のご案内 お食事(昼食) 御入浴 御案内図 館内の景観写真集 問い合せ 」

東京都奥多摩町川井 TEL>>>0428-85-2221(代) FAX>>>0428-85-1617 (毎水曜定休)
水香園
Copyright (C) 2000 Suiko-en